بحث هذه المدونة الإلكترونية

الأربعاء، 23 نوفمبر 2016

日本でテン最も美しい庭園 الحدائق اليابانية

日本でテン最も美しい庭園
シックス詩は、詩的な六義園の庭庭園:
東京の庭、主要な観光スポットの一つであり、その名前は庭6つの原則に詩的な美しさを意味し、素晴らしい公園と小さな池と木々給与と緑の丘で構成され、自然のラップで最も美しい回行くと過ごします
オープン日程:
午前17時 - 午後9時から毎日オープン庭園
エントリー料:
大人のためのチケット入場価格:300円
大人のための高齢者は65歳を超えて:150円を
プライマリと下二の学生の場合:無料



日立日立公園の庭:
これは、日本でAabarkiにHetacanakaに位置し、公共の公園、彼らは花Kaloqahoanと水仙やAlbptullの他の品種の存在に加えて、450万花透明な青が含まれている公園管理が割り当てられたとしても、歩行者や自転車をさまようへのパスが含まれているため、青い目の庭でよく知られている子である190ヘクタールの面積であり、ホイールオンボード大人と子供を楽しむフェリスが含まれているKmentzh公園の一部
オープン日程:
午前16時30分 - 午前9時30分AMから月曜日を除いて毎日オープン庭園
エントリー料:
(15年超)大人のためのチケット価格:400円
子供(15歳まで小学校):80円
子供6歳未満のエージング:無料


Sangken三渓園ガーデン:
それは庭のTfノブ横浜設計和室で偉大な美しさであり、多くの池や小さな川に加えて、多くの素晴らしい花や美しい通路が含まれていますがHarasangkeによって構築された庭を持っており、1904年に一般公開され
この公園は、エレガントで整頓され、茶胃のための別館、いくつかの家が座ってリラックスしてお茶を飲むために、あなたが飲むと自然絵のお茶を楽しむことができます
オープン日程:
午前17時 - 午後9時から毎日オープン庭園
エントリー料:
一人当たりの入場券の価格:500円



Curraciwan後楽園庭園ガーデン:
それ景観公園は東京の岡山や観光地に位置しており、この公園は、リラックスして、風光明媚なの美しさを楽しむために捧げ、日本の三大庭園や風景の1
公園はハイキングのためのコースを装備し、あなたがそれ、あなたがテーブル中央のユビキタス池に加えて、このような桃の木やカエデや桜などが並ぶ果樹の驚くべき配列が表示されます上からそれを見ての可能性を登ることができ丘や小さな、素晴らしいの存在をローミングされます
オープン日程:
午後06時 - 午後7時30分から9月に3月20日から公園を開きます
午前17時 - そして、10月1日から3月19日に08:00から
エントリー料:
一人当たりの入場券の価格:400円




Ritsoranクイン栗林公園ガーデンガーデン:
ランドスケープガーデンは、地元の領主と彼らは池、丘や歴史の木ならびに民族博物館、いくつかのショップや座って休憩を取ると自然の美しさの中、いくつかの軽食を楽しむことがブレークの数などの施設の数が含まれている最高の日本庭園の一つによって建設された高松の街に位置していますされています
オープン日程:
(これは季節によって異なります)17:00 - 07:00から毎日オープン庭園
エントリー料:
大人のためのチケット価格:400円
学生(プライマリおよびセカンダリ):170円
入場料は無料で、1月1日から3月16日まで(開口部の記念日





Shosei渉成園庭で:
それは京都に位置し、驚くほど美しい日本庭園で、最も有名な観光地の一つであり、次の木へのランタンの存在に加えて、年間を通して咲く最も美しい木々や植物や花の複数の種類が含まれています
公園はまた、池と、いくつかの滝や訪問者が座ってリラックスして休憩を取ると自然の静かな美しさを楽しむことができるお茶の住宅の数を提供しています
オープン日程:
16時00分 - 午後9時から毎日オープン庭園
エントリー料:
一人当たりの入場券の価格:500円



Yoshikan Yoshikenガーデンガーデン:
うまく火の真ん中に位置し、日本庭園、庭の池や庭園のムースと各部門の庭の茶道とJamalithコストや観光客の3つのセクションで構成され、最も重要な観光地の一つは、自然のラップで自然の美しさを楽しみ、楽しい一日を過ごすことができます
オープン日程:
午前17時 - 午後9時から毎日オープン庭園
エントリー料:
一人当たりの入場券の価格:250円




とげの庭Shukkeiの庭:
日本庭園は1620年に始まり、森、山や谷、池や橋が含まれ、それはその部分でさまよって訪問者のためのトラックが装備されているように風光明媚な最も美しい地層のひとつとなっている広島の建設の歴史的な街に位置しています
オープン日程:
午後9:00から毎日オープン庭 - 18時と12月29日から12月31日に閉鎖され
エントリー料:
一人当たりの入場券の価格:250円




水前寺公園Guijin水前寺jojuen庭:
ランドスケープガーデンは17世紀に細川家によって建てられた熊本に位置し、あなたがこの公園を訪れたときに表示されます美しさを想像してみて富士山に似て考えられています
彼らはあなたが空腹を感じるならば、彼は自然の湖ミニ多色の数も軽食を提供するいくつかの店舗の存在に加えて、プールのために飾ら緑の丘と岩が含まれている最も興味深いの庭園の一つであります
オープン日程:
午後06時 - 午後7時30分から10月まで月からオープン庭園
午前17時 - 午前8時30分AMから2月-11月から
エントリー料:
一人当たりの入場券の価格:400円



Dikh花Ohijkaja足利フラワーガーデン:
密接に藤富士富士山と白、青連隊の花、多くの面で自然の美しさを見て、公園は地元の製品は自然のラップで楽しい一日を過ごすのに便利な場所です販売するレストランやショップの一部を誇るように素晴らしい植物だけでなく、ピンクに最高の場所の一つに似ていると呼ばれる日本の愛の庭です
オープン日程:
午後06時 - 午後9時から毎日オープン庭園
午前17時 - しかし、十一月下旬から2月には、午前10時からオープンしています
エントリー料:
それは1700円に200円の間に一人の割合当たりの入場券の範囲、および季節に応じて異なります


クルーズブログから移動

0 التعليقات:

إرسال تعليق

شارك

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More